おすすめスマホケース通販サイトランキング

ホーム > スマホケースについて > 落としたときのことを考えるか見た目の良さか

落としたときのことを考えるか見た目の良さか

 ビジネスアイテムとしてシステム手帳があります。IT化が進んでもまだ手書きのものが売れています。すぐに書き込め、すぐに見ることが出来る仕組みは、まだまだスマホでは実現できない機能かも知れません。システム手帳は落としても壊れることはありません。ですから、素材を選ぶときにはとにかく見た目などを重視します。また、使いがってなどを重視することもあります。
 では、システム手帳の役割も担いつつあるスマホのスマホケースはどうかです。使い方としては、そのままでも使えます。そのままでも持てるようなデザインも多く出ています。でも、オリジナリティを出したいのであれば別途つけた方がいいかもしれません。
 商品によっては、スマホにあらかじめついているものもありますが、それをそのまま使う人はいないでしょう。別途購入することが多いでしょう。いろいろなタイプがあります。


 良く落とす人が利用するとよいのがシリコンでできたタイプです。
 特徴は、それなりにあるクッション性です。ですから、硬いところに落としたとしても軽い衝撃になります。又、ガラス部分が直撃するのを防いでくれます。カバーをしているから全く割れたり故障がなくなるわけではないですが、それなりに衝撃から守ってくれます。落とさなくても、普段の扱いが粗い人はシリコンタイプを使った方がいいかもしれません。デスクに投げ置くような人がいます。その時はかなり衝撃を受けます。
 シリコンに近いタイプとしてはTPUがあります。シリコンほど柔軟性はありませんが、硬いわけでもありません。それなりに手へのフィット感があります。シリコンタイプよりもデザインはあまり出回っていません。


 落とすことはない、いつも大事に扱っているなら、見た目を重視したタイプを選ぶとよいでしょう。人気が高いのがポリーカーボネートです。プラスチック系ですが、光沢があったり、イラストが入っていてオリジナリティが出しやすいです。人気のために、種類も多く、キャラクターが描かれたタイプも選べます。プラスチック系なので、落とすと割れやすいです。ビジネスマンならスタイリッシュなカバーがいいかもしれません。アルミタイプがあり、きちんと本体を守ってくれます。
 値段が他のものより少し高くなる場合があります。システム手帳と同じように使えるのがレザータイプです。それなりに柔軟性があるので、落としたときの衝撃も吸収してくれます。他の皮製品と合わせやすくなります。

次の記事へ